本文へスキップ

丹沢スカイクラブエリア丹沢へようこそ

5本飛びました。


DUNKサノです。
3回の試験フライトを終えて、2月より月割り会費にて会員に登録していただき3月20日までに5本フライトいたしました。
名にし負う「春の丹沢」、もみくちゃにされるような凶暴なサーマルに巡り合う場面もありましたが、新たなる空域に心躍る
5フライトでありました。
2月4日 2h55m    Max AL 1446 初大山詣り松田に降る。 松田山で1000mの高度がありながら帰途につく踏ん切りがつかなかった。エリアヤマザキのフライヤー方々に「なぜ帰らない?」と不思議がられる。
2月19日 1h 19m  Max AL 1796 高松山経由丸山に降る。矢倉岳O&Rを目論んで川地氏や山田氏と移動するが高松山ではまり丸山近くの休耕田にアウトサイド。上げどころの見当違いをしているかも。
2月26日 2h50m  Max AL 1840 大山渋沢駅経由松田から帰還。ようやく大山松田O&R達成。グランドサーマルも豊富で沖経由松田ルートの端緒も垣間見えた。
3月5日 2h14m   Max AL 1593 大山経由松田に降る。松田につく時間が遅いのではないかと心に留め置く。
3月20日 2h34m  Max AL 1772 大山に行かずに松田から帰還。春霞に覆われてやや穏やかな日と思い、あわよくば矢倉岳という算段で渡辺氏が上げている大山はカットして早めに松田へ渡る。がローカルのM6諸氏ともども磨きに磨く。
そんな中、800mあるかなしかで帰途に就くアルピナ中山氏、地を這うような高さで三角山へ向かうZENOの動向を後学のため観察し、800m前後の逆転層を抜けるサーマルをようやくヒットして帰還だけは達成。矢倉ははかなき夢とおわる。
当面は矢倉岳O&R、そして秦野盆地一周を目標に精進します。なるべく回収のご厄介にならぬよう。
それには丹沢の強烈なサーマルに慣れて、乱流中でも制御するスキルを磨かなければなりません。
先輩諸兄のルートを観察することも重要。アドバイスをよく理解できるように地名を早く覚えようと思います。
 20170320 20170305 20170226 20170219 20170204log
posted by ダンク

1件のコメント

  1. DUNK より:

    https://www.youtube.com/watch?v=G9RivZlJB28
    動画編集しました。お暇なときに。

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です