本文へスキップ

丹沢スカイクラブエリア丹沢へようこそ

イギリス ウェールズ Dragon Hike and Fly 2018参加


7/14-15日にイギリス ウェールズで開催されたDragon Hike and Fly 2018に参加してきました。Brecon Becons National Park上に設定されたターンポイント間直線距離約86kmのコースを二日間でまわる本格的なレースでありながら、サポーター無しでエントリーできる初心者にもオープンな大会です。結果は直線距離で31kmしか進めず18位(全24名くらい?)でしたが、普段は飛べないような広大な国立公園を舞台に自由にハイク&フライでき楽しかったです。

Livetrack : https://www.livetrack24.com/events/DragonHikeandFly2018

7月13日
朝6:30ロンドンヒースロー空港着。レンタカーを借りてレースの拠点となるCrickhowellの町へ移動。夜19:30に町のPubでブリーフィング開催。コースはこの場で発表された。昨年のコースは研究していったが、去年とは全然違っててビックリ。



7月14日
レースDirectorのAlistair氏の車に乗せてもらいスタート地点まで移動。9:30にスタート。天気は快晴・西風で、上位を狙う選手たちは1日でゴールを目指す気満々。私は初めてのエリアなので、ひとまず最初のテイクオフポイントまではみんなと一緒に行って、その後は状況に応じて進んでいく作戦…

最初のテイクオフには10:30ごろには到着し、しばらくするとみな支度をして飛び始める。Brecon Becons National Parkはなだらかな草原が広がりそのところどころに丘が連なっている。その中に標高数百メートルのピークがいくつかあり、それらがテイクオフとして使える。サーマルを逃さないパイロットは早々と雲底につけ東へ消えていった。私は12:00すぎになってやっと思い切ってサーマルに乗り離脱を試みたところサーマルを見失い数km東の丘にランディング…これを繰り返すのか、と思いながら1日目は14kmだけ進む。風待ちをすると無駄に時間が過ぎてしまう一方で、待っていたほうがコンディションが良くなることもあって、飛び出すタイミングの難しさを感じた。


  

 

7月15日

朝7:00スタートであるが、朝方は雲が多目であまり急いでもテイクオフできそうにないため7:30に出発。レースは15:00終了と時間も短いため、今日はTP1であるPen Y Fan(国立公園内最高峰;標高886m)をクリアして、その後はCrickhowellの町を目指すこととした。Pen Y Fanは丹沢でいえば大山のようなところ?で現地のハイカーが朝から大勢登山していた。そんな中を一緒に登って、私はパラで縦走する、というのは面白い体験だった。この日もなかなかサーマルにうまく乗れず、2フライトで丘陵地帯を終え、最後の2時間半は約12kmをハイクしてCrickhowell手前まで到達しレースを終えた。




Total distance: 74090 m
Max elevation: 923 m
Total Time: 05:21:42

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です