本文へスキップ

丹沢スカイクラブエリア丹沢へようこそ

フランス アヌシー フライトツアー ダイジェスト


昨年、今頃の時期の定例役員会時、お隣、松田エリヤの方が福岡聖子さんのツアーに
行かれた報告情報を聞き入れ、「行ってみたいなー。!」が、発端で、インターネットで聖子さんと直接やり取り。一方で、7名がベスト人数と聞きメンバー集めも。!
当クラブから、香田と石川の参加で何とか予定の人数が確保出来て、松田の1名が唯一経験者情報を持って、他のメンバーは期待と不安で、多岐にわたる色々な情報を確認し合いながらいざ、現地へ。

聖子さんは基本、アヌシーをベースにしていてのクロカンハイレベルコースです。

とは言ってもやはり、天候と風の具合で。
アヌシーは午後エリヤも有って遅め。ゆっくり朝食後、ブリーフィングを行ってからの移動開始です。
結果は、6日中5日飛べる好条件で、内2回のクロカンを違う風条件と山のリフト帯を経験して。また、クロカンをしてのちもう一本や午前と午後での2本も有り、

貴重な経験をしてまいりました。

ハーネス調整も全員を行い、目からうろこの皆さんでした。

地元新聞にも掲載され。
参加メンバーのグライダーレベルがほゞ揃う範囲も良かった一因で、移動や準備、飛びと纏まりがベストだった事が全行程を通しての印象だ。
真ん中へんで息抜きの時をとれたことも非常に重要だったのかも。!?

また、参加の皆さん、一皮むけたのでは。。
旋回中の注意点。グライドに入った時の注意点。山斜面、風の状況判断と雲の出来方、流れ方など。

残念なのは、帰路での計器類の盗難です。行きには、中東は特にテロ等の対策でバッテリー系の没収が心配され、無線機の解体別体積み込みとしたのですが、帰路は、無線機バッテリーのみ別にし、GPSやタブレット、Gopuro,バリオ等、何時も使う手提げにまとめて入れた状態でパラザックに入れ、家に帰るとその手さげだけが消えてました。エチハド航空と外務省、保険会社へ連絡し、現在、継続中です。
こんご、皆さんも、くれぐれもご注意を。。!

 

posted by P376つー

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です