本文へスキップ

丹沢スカイクラブエリア丹沢へようこそ

足尾から西に初クロカン


丹沢のコンディションがいまいちかなと思い、塾開催の足尾へ…

本日の塾のプランは西にクロカン、そしてゴールは妙義!?

 

前日の寒気が残っているせいか、空気は澄みきっており、10時の段階で既にコンディションはバンバンです。

西にクロカンということもあり、テイクするタイミングを遅らした結果、山の上はオーバーキャスト気味で、上りが悪くなり…

 

先に出たW辺さん、N里さん(ZENO)は1400mで発射しますが、遅れた塾長と私は1200m弱しか上がらず…

クロカン王のN川さん(ENZO2)の発射に合わせて、こちらも出発します。

 

先行の2機を追いかける塾長とは対照的に、N川さんは弱いサーマルを拾い集めながらゆっくり進んでいきます。

西へのクロカンは初めてなので、後ろから上がるポイントを見させて頂きながら進んでいきます。

 

小貝川の二股でN里さんとN川さんが上げている下に入りますがサーマルが掴みきれず、高度は600m程に…

筑西市の町を過ぎたところで、漸くサーマルヒット! 1500mまで回復します。

 

因みに、この辺りの空域の風向きは南東ぎみで、後から聞いた話によると足尾の山に当たった東風は、カルマン渦によって南北両サイドから風が吹き込み、中央にコンバージェンスラインが出来るとのこと。

 

東北新幹線が通る小山駅が南に見える地点で1400mまで上げ、線路を越えたところで次の町(栃木駅)までが田んぼしか見えません…

行くべきか行かざるべきか迷っていると、北西の方向で高く上げているN川さんを発見!

方向をシフトして下に突っ込みますがサーマルが見つけられず、あえなく付近の河原にランディング…(記録30km)。

 

この後、格の違うダブルNさんは前橋付近まで100kmクロカン達成!

悔やみながら回収に走りました。

Total distance: 84407 m
Max elevation: 1533 m
Total Time: 02:27:10

 

[ふりかえり]

  • テイクするタイミングが、もう少し早けれが楽に発射できた
  • 他機が上げているとこで上げられなかったのは、風に流されていたせい
  • 小山からから先は、高度があるうちに勇気を持って突っ込むべきだった
  • 未知の領域だった足尾の西クロカンは、今後も100km越えが狙えそう
posted by しげ蔵

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です